ヘルスケアホーム > 糖尿病性腎症食事療法の3ステップ > ステップ3 糖尿病性腎症食事療法の実際「4.カリウム制限」

ステップ3 糖尿病性腎症食事療法の実際「4.カリウム制限」

カリウムは水に溶けやすいので、食材を細かく刻む、茹でる、水にさらす等の工夫で減らすことができます。

たんぱく質の多い食品にはカリウムも多く含まれています。
たんぱく質を控えた低たんぱく食にすると、カリウムの摂取量も少なくなります。

多く含まれる食材

  • カリウムは野菜類、果物類、海藻類などに多く含まれます。

カリウムの減らし方

  • 野菜や芋類、きのこ類は茹でこぼしましょう。
    細かく切って茹でるとカリウムが湯に溶けやすくなります。

生野菜の食べ方

  • 生野菜も細かく切ってから水にさらして食べましょう。

生の果物について

  • 生の果物はできるだけ避け、缶詰で摂るようにしましょう。
    ただし、シロップは飲まないようにしましょう。

勉強会/セミナー情報

© 2012- Kissei Pharmaceutical Co., Ltd. All rights reserved.