おいしい365日とは

製品のご案内

CKDの食事療法を学ぶ

作ってみようおいしいレシピ

介護・高齢者食事のポイント

お知らせ

お客様の声

お客様の声 Vol.1

お客様の声

弊社通信販売カタログ「おいしい365日 2017秋・冬号」
のアンケートにお答えいただいた方の感想です。

  • まず減塩からはじめました。適当に入れていた調味料を分量どおりにしました。難しいと思っていましたが決してそうでないことに気がつきました。「かける」より「つける」に決めました。継続することを教えていただきました。
    (和歌山県 女性)

    生活習慣病を予防するためにも「減塩」は大切ですね。
    食塩の摂り過ぎは高血圧だけではなく、腎臓病、脳卒中、心筋梗塞など多くの疾患の原因となります。また、糖尿病では高血糖により血管がダメージを受けやすくなっていますので、ここに高血圧が加わると、血管にかかる負担がさらに大きくなります。
    毎日の調理や食べる時のちょっとした工夫で減塩ができます。無理なく、おいしく適塩生活を送りましょう!

  • 低たんぱく食(1日たんぱく質45g制限)になり、病院で管理栄養士さんに何度も食事指導を受け、冷蔵庫の食品を食品成分表と電卓で3度毎回計算して、A4ノートに献立、カロリー、たんぱく、塩分を記録して、厳守して食事を作っています。今では少しばかり手早くなりましたが、スーパーで成分を比較して購入したり、調味するときには薄味に留意しています。
    (山口県 女性)

    低たんぱく食事療法を継続するのは大変ですよね。
    食事療法を継続する上で、食材の栄養成分を知ることはとても重要です。実はよく使う食材は意外と限られており、思ったより種類が少ないといわれます。ご自分がよく食べる食材やよく使う調味料の栄養成分を書き出しておけば、日々の食事管理が非常に楽になります。
    “食材を計量することはできるけど、栄養計算は難しい…”という方もご安心ください。キッセイ食事サポートサービスにお電話いただければ、よく使う食材の栄養成分値を書き出してお送りいたします。一緒にがんばりましょう!
    食事サポートサービスはこちら