おいしい365日とは

製品のご案内

CKDの食事療法を学ぶ

作ってみようおいしいレシピ

介護・高齢者食事のポイント

お知らせ

食事のポイント

おすすめレシピVol.1

具だくさんのつけ麺 ~げんた冷凍めん 中華めん風を活用しよう~

これからの暑い時期にもおすすめのたんぱく質を調整した「つけ麺」の献立をご紹介いたします。

レシピ提供 医療法人永仁会 永仁会病院(宮城県大崎市)
診療技術部 栄養管理科 科長 瀬戸 由美先生
具だくさんのつけ麺1食レシピ



レシピ1:つけ麺
■材料(1人分)
[スープ]
 減塩げんたしょうゆ 10g
 塩 0.4g
 砂糖 1g
 酒 2g
 ごま油 1g
 中華だしの素 (スープ用) 0.5g
 白すりごま 0.5g
 七味唐辛子 少々
 水 (スープ用) 40g
   
豚ばら肉 40g
水 (肉用) 30g
中華だしの素 (肉用) 0.2g
しょうが 2g
   
12g(1/4個)
チンゲン菜 10g
もやし 30g
水菜 3g
   
げんた冷凍めん 中華めん風 180g(1食)
ごま油 3g
■作り方
減塩げんたしょうゆ、塩、砂糖、酒、ごま油、中華だしの素(0.5g)、白すりごま、七味唐辛子、水(40g)を混ぜてスープを作り、冷蔵庫で冷やしておく。
②豚ばら肉を3枚に切る。
③鍋に水(30g)、中華だしの素(0.2g)、薄切りにしたしょうがを入れて沸騰させ、②を弱火で煮る。
④卵は茹で、殻をむいて4等分に切る。チンゲン菜は4cm長さに切り、さっと茹でる。もやしもさっと茹でる。水菜は4cm長さに切る。
⑤器に③、④を盛り付ける。
⑥鍋にたっぷりの湯を沸かし、げんた冷凍めん 中華めん風を1分30秒から2分程度茹で、やわらかくなったら、ざるに上げて流水で洗う。
⑦麺の水気を切り、ごま油をからめ、皿に盛り付ける。



レシピ2:ポテトサラダ
■材料(1人分)
じゃが芋 40g
にんじん 10g
きゅうり 5g
玉ねぎ 5g
マヨネーズ 9g
こしょう 少々
サラダ菜 2g
ミニトマト 10g(1個)
■作り方
①じゃが芋は角切り、にんじんはいちょう切りにして、それぞれ茹でる。火が通ったら、ざるに上げて冷ましておく。
②きゅうりは薄切り、玉ねぎは薄切りにして水にさらして水気をよく切る。
③①、②をマヨネーズとこしょうで和える。
④器にサラダ菜を敷き、③、ミニトマトを盛り付ける。



レシピ3:スイカ
■材料(1人分)
スイカ 40g
■作り方
①スイカを切り、器に盛り付ける。



【栄養成分値(1人分)】動物性たんぱく質 7.4 g 動物性たんぱく質比 74.0 %

■つけ麺
エネルギー 534 kcal ナトリウム 617 mg
たんぱく質 8.7 g カリウム 194 mg
脂質 22.2 g リン 122 mg
炭水化物 72.1 g 食塩相当量 1.6 g



■ポテトサラダ
エネルギー 103 kcal ナトリウム 67 mg
たんぱく質 1.1 g カリウム 247 mg
脂質 6.9 g リン 29 mg
炭水化物 9.7 g 食塩相当量 0.2 g



■スイカ
エネルギー 15 kcal ナトリウム 0 mg
たんぱく質 0.2 g カリウム 48 mg
脂質 0 g リン 3 mg
炭水化物 3.8 g 食塩相当量 0 g



■合計
エネルギー 652 kcal ナトリウム 684 mg
たんぱく質 10.0 g カリウム 489 mg
脂質 29.1 g リン 154 mg
炭水化物 85.6 g 食塩相当量 1.8 g



日本食品標準成分表2015年版(七訂)で計算
2018.05.21作成



~永仁会病院 栄養士様からのコメント~
夏は冷たい麺がおいしく感じる季節ですね。ただし麺類にもたんぱく質は含まれており、普通の生中華めん1玉(120g)には10g以上のたんぱく質が含まれています。麺類こそ「でんぷん製品」や「低たんぱく特殊食品」を利用することが大切です。
今回使用した『げんた冷凍めん 中華めん風』はでんぷん冷凍めんで、たんぱく質はとても少なく、食塩無添加の商品です。もっちりとした太麺で食べごたえがあり、つけ麺だけでなく、冷やし中華や焼きそばなど、色々アレンジできます。「夏は食欲が落ちてしまいがち」という方にも、たんぱく質を調整した麺を上手に取り入れて、元気に夏を乗り切りましょう♪

レシピで使用している製品情報はこちら

減塩げんたしょうゆ

げんた冷凍めん 中華めん風



レシピを印刷したい場合は⇓

pdf_icon_32x256.png