おいしい365日とは

製品のご案内

CKDの食事療法を学ぶ

作ってみようおいしいレシピ

介護・高齢者食事のポイント

お知らせ

食事のポイント

食事のポイント vol.7

間食を摂るときのポイント

低たんぱく食事療法において、エネルギーの確保は大切です。

食事の摂取量が減り、エネルギー不足になると、体内では体の組織を燃焼させて必要なエネルギーをつくりだします。そのため、たんぱく質を摂り過ぎたときと同じように尿素窒素などの老廃物が体内にたまってしまいます。

食欲のないときや食事の摂取量が少ないときには、栄養不足にならないようにたんぱく質を抑えつつ、「間食」を上手に取り入れ、適正なエネルギーの摂取を心がけましょう。

今回は低たんぱく食事療法を継続するために、間食を摂るときのポイントをご紹介いたします。

※主治医の指導の下で行ってください。


①間食を選ぶときのポイント

「間食」といえば、食事(朝食・昼食・夕食)以外に摂取する食べ物や飲み物のことで、市販のお菓子や菓子パンなどには糖質や脂質が多く含まれており、エネルギーが摂取できるものもあります。

しかしながら、たんぱく質、カリウム、食塩が多く含まれているものもありますので、間食の種類による栄養成分の特徴を把握して、食べる量や回数を調節しながら上手に取り入れましょう。

●たんぱく質の多いもの

材料に小麦粉、米などの穀類、卵、牛乳・乳製品を使用しているもの

例)ケーキ、カステラ、どら焼き、大福、カスタードプリン、菓子パンなど

食事のポイントVol_7_1.png

●たんぱく質の少ないもの

でんぷんと砂糖を使用したもの

例)くず切り、くずもち、ういろうなど

食事のポイントVol_7_2.png

●カリウムの多いもの

芋、栗、あずきを使用したもの

例)芋かりんとう、干しいも、ポテトチップス、甘栗、どら焼きなど

食事のポイントVol_7_3.png

●塩分の多いもの

塩やしょうゆで味付けしたもの

例)せんべい、串団子(みたらし)、スナック菓子など

食事のポイントVol_7_4.png


包装されているものには栄養成分値(特にエネルギー、たんぱく質、食塩相当量)が表示されていますので確認しましょう。

カリウムは記載されていないことがありますが(カリウムは任意表示です)、たんぱく質を多く含む食品にはカリウムが多く含まれますので、たんぱく質量に注意することで摂り過ぎを防ぐことができます。

メーカーによって栄養成分値の表示に関して差がありますので、あくまでも目安としてご覧ください。

市販のお菓子・菓子パンの栄養成分値の目安

分類

食品名

目安量

エネルギー(kcal)

たんぱく質(g)

カリウム(mg)

リン(mg)

食塩相当量(g)

洋菓子

ショートケーキ

1個90g

294

6.4

82

99

0.2

シュークリーム

1個70g

160

4.2

84

105

0.2

イーストドーナツ

1個45g

174

3.2

50

33

0.4

和菓子

どら焼き

1個90g

256

5.9

108

72

0.3

大福もち

1個95g

223

4.6

44

55

0.1

栗まんじゅう ※1

1個55g

170

3.3

34

35

0

カステラ

1切50g

160

3.1

40

48

0.1

串団子(みたらし)

1本55g

108

1.7

32

29

0.3

芋・栗

干しいも

2枚60g

182

1.9

588

56

微量

甘栗

5個35g(正味28g)

62

1.4

157

31

0

プリン

カスタードプリン

1個100g

126

5.5

140

110

0.2

せんべい

しょうゆせんべい

1枚25g

93

2.0

33

25

0.5

芋かりんとう

10本25g

119

0.4

138

14

0

スナック菓子

クラッカー・ソーダ

6枚20g

85

2.1

28

17

0.4

ポテトチップス(塩味)

1/3袋20g

111

0.9

240

20

0.2

菓子パン

あんぱん

1個80g

224

6.3

62

59

0.6

クリームパン

1個110g

336

11.3

132

132

1.0

ジャムパン

1個80g

238

5.3

76

53

0.6

※1 カリウム、リンは日本食品標準成分表2015年版(七訂)で計算

引用:「腎臓病の食品早わかり 改訂版」(女子栄養大学出版部)、「エネルギー早わかり 第4版」(女子栄養大学出版部)

●たんぱく質が少なく、エネルギーが補給できる間食は……

くず切りやくずもちのようにでんぷんと砂糖を使用したものは、たんぱく質がほとんど含まれず、エネルギーが確保できるのでおすすめです。

食品名

目安量

エネルギー(kcal)

たんぱく質(g)

カリウム(mg)

リン(mg)

食塩相当量(g)

くず切り ※2

乾燥した状態で20g

71

微量

1

4

0

くずもち

100g

91

0.1

1

3

0

ういろう

1切れ50g

92

0.6

9

9

0

※2 たれ含まず。

引用:「腎臓病の食品早わかり 改訂版」(女子栄養大学出版部)


②治療用特殊食品の活用

弊社では、たんぱく質が市販のものよりも少なく、手軽にエネルギーを補給できる間食向きの各種製品を取り揃えておりますので、ぜひご利用ください。

食事のポイントVol_7_5.png

カップアガロリー
1個83g当たり
エネルギー:150kcal
たんぱく質:0g
カリウム:0~14mg
リン:0~3mg

マクトンようかん
1個55g当たり
エネルギー:100kcal
たんぱく質:0.1g~0.5g
カリウム:3.1~30.0mg
リン:3.1~4.4mg

ニューマクトンクッキー
1個9.3g当たり
エネルギー:50kcal
たんぱく質:0.3g
カリウム:4mg
リン:3mg

ゆめせんべい
1袋20g当たり
エネルギー:100kcal
たんぱく質:0.2g
カリウム:0~5mg
リン:1~5mg



③治療用特殊食品を使った手作りおやつのご紹介

本ホームページでは、たんぱく質・塩分・エネルギーに配慮した手作りおやつをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

治療用特殊食品を使ったおすすめレシピはこちら

ヨーグルト~キウイゼリー添え~

くずきりのあんみつ風

簡単!揚げないラスク

ゆめごはんでみたらし団子風

いかがでしたか。

間食は日々の楽しみにもなりますが、多く摂り過ぎると食事量が減り、必要な栄養素が不足してしまうこともあります。またお菓子の種類によってはたんぱく質、カリウム、塩分を多く摂り過ぎてしまうことにもなります。

低たんぱく食事療法においては、エネルギーの確保、適正なたんぱく質の摂取は非常に大切です。

食事に肉や魚などのたんぱく源をまわすためには間食からのたんぱく質量をなるべく抑えたいものですね。

市販のお菓子や菓子パンを摂る場合は、種類や食べる量、回数を調節して、たんぱく質を調整しながらエネルギーを確保できる治療用特殊食品をうまく取り入れながら間食を楽しみましょう。